【2013年5月25日(土)開講 /場所:東京・渋谷】 「ビジネス法務講座」

途中からの参加もOKです。1

第3回(6月15日土曜日)からの受講料は、2万円です。

2013年6月30日ビジネス実務法務検定3級・2級・1級を受験し、みごと合格した方には、クオカード5000円を差し上げます。

====================================================

 

【5月25日開講】

「ビジネス法務講座」のご案内(全5回)

 

【講義内容】
 ビジネスマンにとって必須である会社法の基礎知識を学ぶとともに、

 ビジネス法務3級の内容を理解する講座です。  

 

【定員】
 20名(先着順)

【対象者】
①ビジネスマンに必要な経営法務の知識を身に付けたい方
 MBA教育において軽視されがちな法律知識ですが、経営戦略の立案において必須です。
 会社経営者・経営幹部に役に立つビジネス法の知識を身につけることができます。

②将来、一橋大・筑波大等の経営法務大学院で本格的に学びたい方。

  一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営法務専攻、等の社会人を対象として法律系

 大学院に、2014年4月入学もしくは将来の入学を希望する方には、最適な準備となります。
 特に2014年4月に入学を希望する方には、研究計画書の書き方等の相談を受け付けます。

③ビジネス実務法務検定3級を受験される方
 6月30日に行われる「ビジネス実務法務検定」の受験をお勧めしています。
 多くの他のビジネス法務検定の講座のように試験範囲をすべてカバーするものではありまえん。

 ビジネス法務検定の3級の教科書・問題集を使いビジネス法務・会社法の基礎を学びます。

 本講座に出席し、また、きちんと自分で勉強すれば6月30日の試験に無理なく合格できます。

 (2012年秋に開催したビジネス法務講座の出席者で、ビジネス法務3級に受験した方は、

  全員合格されました。)

【特徴】
 経営法務の修士課程修了の実務家+ビジネス法務2・3級合格者が、

 第1線の弁護士らが、実践的な講義を行います。
 経営法務を学ぶ大学院の講義内容についても折に触れご紹介します。

【講義スケジュール】
時間は毎回15:15~17:45です。

第1回

5月25日(土)

■ビジネス実務法務の法体系

 ・ビジネスを取り巻くリスクと法務の関わり

 ・企業活動の根底にある法理念

 ・法律の基礎知識

■取引を行う主体

 ・権利義務の主体

 ・会社の仕組み

■法務リスク管理1

第2回 

6月8日(土)

■法人取引の法務

 ・ビジネスに関する法律関係

 ・取引の決済

 ・契約によらない債権・債権の発生

 ・ビジネス文書の保存・管理

■法人財産の管理と法律

 ・法人の財産取得にかかわる法律

 ・法人財産の管理と法律

 ・知的財産権

■法務リスク管理2

第3回 

6月15日(土)

■債権の管理と回収

・通常の債権の管理

・債権の担保

・緊急時の債権の回収

■企業活動に関する法規制

・取引に関する各種の規制

・ビジネスと犯罪

■法務リスク管理3

第4回

6月22日(土)

■法人と従業員の関係

 ・従業員の雇用と労働関係

 ・職場内の男女雇用にかかわる問題

 ・派遣労働における労働形態

 ・従業員の雇用と労働

■ビジネスに関連する家族法

 ・取引と家族法

 ・相続

■法務リスク管理4

第5回

6月29日(土)

■ビジネス法務過去問題演習

■法務リスク管理5

6月30日(日) 

ビジネス法務試験日

 ※ 6月1日土曜日は休講です。
 ※ 内容はいずれも予定であり、変更される可能性があります。

【テキスト】

 『ベーシック 会社法入門〈第6版〉 』(日経文庫) 宍戸 善一(1,050円)

 『ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト〈2013年度版〉』東京商工会議所2,940円)

 『ビジネス実務法務検定試験3級公式問題集〈2013年度版〉』

  また、三省堂、岩波、有斐閣等の小六法をご持参ください。


【受講料】
 28,000円(全5回合計の金額です。)

  第3回から参加の方は、20,000円です。 

   2013年6月30日、12月8日のビジネス実務法務試験に申し込まれ、

  合格された方には5,000円相当の賞品(クオカード)を差し上げます。
 

開催場所 (エクラート渋谷5階  コネクト渋谷会議室 )

 〒150-0002 渋谷区渋谷3-6-2 エクラート渋谷5階 ROOM-B を予定しています。

下記ボタンよりお申込みページへお進み下さい。

推奨書籍

講座で使用する教材は、こちらからご購入いただけます。また講師が著者の書籍や、TASの推奨書籍も是非ご覧下さい。


Facebook

TAS Facebookページでも最新情報をお届けしています。是非、Facebookページもご覧下さい。